中食(総菜・持ち帰り弁当)業界を徹底解説|業界のトレンド・ランキング

中食(総菜・持ち帰り弁当)業界を徹底解説|業界のトレンド・ランキング

総菜・持ち帰り弁当業界、いわゆる中食業界を徹底解説します。中食業界のトレンド、主要企業やランキングをご紹介します。中食業界への転職を考えている方、株式投資をしていて中食業界に興味のある方などなど、中食業界の動向に興味のある方におススメです。中食業界の業界研究に是非ご活用下さい。

手軽に美味しいご飯が食べられる惣菜・持ち帰り弁当業界

惣菜・持ち帰り弁当業界は、いわゆる「中食業界」に属する市場です。中食とはレストランなどで食べる外食と、自宅で調理して食べる内食以外の領域を指します。惣菜・持ち帰り弁当業界は、女性の社会進出や単身者の増加に伴い、成長を続けています。日本惣菜協会によると近年、10兆円前後の市場規模で推移ししているとのことです。

コロナ禍では特需受ける企業があるも、競争は激化

新型コロナウィルスによる経済活動の変化で、惣菜・持ち帰り弁当業界は、業態による影響が大きく出ました。デパートなどに出店する高級弁当企業は、閉店や営業時間短縮の影響を受け、業績が悪化しました。一方でスーパーなどに出品する業態の企業は、巣ごもり需要の恩恵を受けることができたのです。

このような変化のなか、惣菜・持ち帰り弁当業界では、異業種の参入や新たな業態による競争が激化しています。特にコンビニエンスストアによるPB展開と、外食産業と宅配代行業者との連携は、惣菜・持ち帰り弁当業界の脅威となっているのです。

大手6社が幅広く展開するも裾野が広い業界

惣菜・持ち帰り弁当業界では、本業とする大手6社があります。ただし惣菜・持ち帰り弁当業界は異業種の参入が容易で、かつ小規模での新規参入も可能です。そのため事業の裾野は広く、大手6社を総じても10%~20%のシェアしか有していません。

プレナス

株式会社プレナスは、福岡市博多区に本社を置く持ち帰り弁当会社です。「Hotto Motto」というブランド名で、2500近い店舗を展開しています。創業は1960年で、1980年から「ほっかほっか亭」九州地区1号店を開業しました。しかしほっかほっか亭との関係が悪化し、2008年からは株式会社プレナスとして独立したのです。売上高は1044億円で、業界トップです。

ロック・フィールド

ロック・フィールドは、神戸市東灘区に本社を置く惣菜・持ち帰り弁当会社です。「RF1」や「神戸コロッケ」といった高級路線のブランドで、百貨店などに出店しています。創業は1972年、洋風レストランで始まりました。その後、1992年にRF1ブランドを立ち上げ、現在に至っています。売上高は437億円、店舗数は312店です。

オリジン東秀

オリジン東秀は、東京都調布市に本社を置く惣菜・持ち帰り弁当会社です。「オリジン弁当」や「キッチンオリジン」などのブランドで、展開しています。創業は1966年の中華料理店で、持ち帰り弁当店は1982年から始めました。そして2006年からイオンの子会社となって、現在に至っています。売上高は434億円、店舗数は562店です。

カネ美食品

カネ美食品は、名古屋市緑区に本社を置く惣菜・持ち帰り弁当会社です。コンビニやスーパーを中心に商品を出荷するほか、駅ナカなどに専門店を出店しています。創業は1969年に立ち上げた惣菜店です。その後ファミリーマートの子会社となり、2019年からは株式会社パン・パシフィック・インターナショナルが筆頭株主となっています。売上高は403億円、店舗数は280店です。

ハークスレイ

ハークスレイは、大阪市北区に本社を置く持ち帰り弁当会社です。「ほっかほっか亭」のブランドで展開しています。創業した1980年は、ほっかほっか亭の近畿地区フランチャイジーでした。その後、ハークスレイがほっかほっか亭を買収し、同社がフランチャイザーとなったのです。売上高は161億円、店舗数は901店です。

柿安本店

柿安本店は、三重県桑名市に本社を置く惣菜・持ち帰り弁当会社です。デパートやショッピングセンターを中心に惣菜店とレストランを展開しています。創業は1871年に立ち上げた牛鍋店で、1968年に株式会社柿安本店として設立されました。地元三重県の松阪牛を用いたメニューなど、高級志向の商品戦略を行っています。売上高は108億円、店舗数は91店です。

▼参考記事:他の業界動向を知りたい方

注目業界一覧

中食業界への転職

中食業界への転職を考えている方は、まずは転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントに相談すれば、業界や仕事内容などについてきっちりと説明してくれます。また、各社の選考の突破率を向上させるために、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策を受けることもできます。

また、自分だけでは見つけることのできない企業を紹介してくれるかもしれませんし、中食業界以外の様々な仕事も紹介してくるので、転職先の幅を広げることができます。

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
JACリクルートメント
パソナキャリア
type転職エージェント

▼参考記事:転職エージェントをお探しの方

おすすめの転職エージェント10選|特徴・タイプ別に厳選

中食売上高・店舗数ランキング

順位 企業名/ブランド名 売上高 店舗数
1 プレナスHotto Motto 1,044億円 約2,500店
2 ロック・フィールドRF1神戸コロッケ 437億円 312店
3 オリジン東秀イオングループ)/オリジン弁当キッチンオリジン 434億円 562店
4 カネ美食品パン・パシフィック・インターナショナルグループ) 403億円 280店
5 ハークスレイほっかほっか亭 161億円 901店
6 柿安本店 108億円 91店

注目業界カテゴリの最新記事