JR東日本(東日本旅客鉄道)の企業研究|JR東日本の投資魅力度と転職魅力度を徹底解説!

JR東日本(東日本旅客鉄道)の企業研究|JR東日本の投資魅力度と転職魅力度を徹底解説!

JR東日本(東日本旅客鉄道)を徹底解説します。JR東日本の事業内容、口コミなどをご紹介します。JR東日本への転職を考えている方、JR東日本の株式の投資に興味のある方などなど、JR東日本について知っておくべきことを説明しています。JR東日本の企業研究に是非ご活用下さい。

東日本旅客鉄道はJR東日本として知られています。主力事業である輸送サービスでは、1日当たりの列車本数12,416本を誇り、1日当たり約1,700万人を輸送しています。

JR東日本について知っておくべきこと

  • 旅客鉄道事業、貨物鉄道事業、旅行業、広告業、旅館業、不動産業など
  • 2020年3月14日にJR東日本が管轄する高輪ゲートウェイが開業しました。世界に伸びる中心として、「グローバルゲートウェイ品川」をコンセプトととしています。、無人店舗・新型改札機・AIによる案内の導入などハイテクな新駅となっています。
  • グループ理念:私たちは「究極の安全」を第一に行動し、 グループ一体でお客さまの信頼に応えます。 技術と情報を中心にネットワークの力を高め、 すべての人の心豊かな生活を実現します。
  • 鉄道需要の高い首都圏を含む関東東北エリアに広いネットワークを持ち、ビジネスの一時的な移動手段の中核を担うことができる。
  • 生活インフラを担っており、運賃の設定や路線の存廃など柔軟性に欠ける。

JR東日本のビジネス・事業内容

企業情報

会社名

東日本旅客鉄道株式会社

代表者名

冨田哲郎

主な事業内容

旅客鉄道事業及び貨物鉄道事業

本社所在地

東京都渋谷区代々木二丁目2番2号
設立 1987年4月1日
従業員数 49,780人
拠点所在地 本社(東京、埼玉、福島)、支社(東京、埼玉、神奈川、群馬、茨城、千葉、宮城、山形、福島、岩手、青森、秋田、新潟、長野)

事業内容

JR東日本グループは「鉄道の再生・復権」を掲げ、基幹事業である鉄道事業においてビジネスを展開しています。また、生活サービス、IT・Suicaなど、事業フィールドの拡大に努めています。事業内容は運輸事業、流通・サービス事業、不動産・ホテル事業、その他の事業です。

運輸事業

鉄道事業を中心とした旅客運送事業のほか、旅行業、清掃整備業、駅業務運営業、設備保守業、鉄道車両製造事業および鉄道車両メンテナンス事業等を展開しています。当社の鉄道事業の営業エリアは、主として関東および東北地方の1都16県にわたり、駅数は1,630駅、営業キロは在来線が6,108.5km、新幹線が1,194.2km、総合計は7,302.7kmとなっています。

流通・サービス事業

小売・飲食業、卸売業、貨物自動車運送事業および広告代理業等の生活サービス事業を展開しています。ス 「MaaS」 「Suica」 「データマーケティング」の3つを戦略的に推し進め、デジタルなネットワークを構築しています。

不動産・ホテル事業

「NEXT10」というスローガンのもとショッピングセンターの運営事業、オフィスビル等の貸付業およびホテル業等の生活サービス事業を展開しています。

経営理念

社長メッセージ

「変革のスピードアップ」
新型コロナウイルス感染症の拡大は、私たちを取り巻く環境を大きく変えました。
お客さまの移動に対する価値観や行動様式は大きく変化し、人口の減少に伴い、鉄道による移動ニーズが減少していく、という我々が予想していた未来が前倒しで現実のものとなってしまいました。 私たちJR東日本グループは、グループ経営構想「変革2027」のもと、「鉄道」起点から「ヒト」起点へとビジネスストーリーを転換し、将来の変化を見据えた新たな成長戦略を推進してまいりました。 さらに2020年9月にポストコロナ社会の対応方針である「変革のスピードアップ」を発表し、グループの総力を挙げ、取組みのレベルとスピードを上げ、「変革2027」の実現に向けた歩みを加速させていくこととしました。
引き続き「安全」を経営のトッププライオリティに位置づけ、「究極の安全」を追求することで、お客さまや地域の皆さまからの「信頼」を積み重ねていくと同時に、新たな技術によって業務を革新していく「技術サービス企業」として、挑戦を進めていきます。 将来にわたり継続的に高品質なサービスを提供できるサスティナブルな企業グループを目指し、「成長・イノベーション戦略の再構築」「経営体質の抜本的強化」「ESG 経営の実践」を強力に進めてまいります。

「変えてゆく、超えてゆく。」
日本全体を変えていくという変革の主役を、JR東日本というグループで皆さんが担ってください。変化を恐れず挑戦しこの危機を超えた先に、日本の新しい未来が待っていると私たちは信じています。JR東日本グループのさまざまなフィールドで、皆さんが抱いている「志」や「夢」を叶え、新しい時代をともに創っていきましょう。

出典:JR東日本ホームページ

経営理念

私たちは「究極の安全」を第一に行動し、 グループ一体でお客さまの信頼に応えます。 技術と情報を中心にネットワークの力を高め、 すべての人の心豊かな生活を実現します。

出典:JR東日本ホームページ

採用メッセージ・求める人物像

「人物本位、実力本位の採用を行い、人材をじっくり育て、一人ひとりの能力をしっかりと開花させていきたい」というのが、当社の人材に対する基本姿勢です。
厳しい経営環境においても、鉄道事業にとどまらず、新たな成長、イノベーション戦略を推進するため、地域社会を支える使命感や責任感、誠実さに加え、現状に留まることなく、変革を推し進める柔軟な発想と実行力を持ち、新領域へ果敢に挑戦できる意欲にあふれた多様な人材を求めています。

出典:JR東日本ホームページ

JR東日本の年収・残業時間・働き方

年収・残業時間

平均年収: 673万円(有価証券報告書より)

残業時間: 15~20時間(口コミより)

働く環境

東日本旅客鉄道の平均年収は673万円です。鉄道業界の中で最大手の企業として高い給与水準となっています。ただし、技術職、営業、乗務員、事務職など職種によって年収レンジは異なります。口コミによれば、総合職、技術職、営業の順番に給与が高くなっています。全体的に対する満足度は高く、給与水準に不満を持って退職する方は少ないようです。年功序列の企業ですので、年齢に応じて昇格し、給与レンジが上がることから安心感を覚えている社員も少なくありません。一方で若手のうちは給与水準が低いようで、それに対する不満はあるようです。

残業時間は平均17.9時間と低水準に抑えられており、ワークライフバランスが整っているようです。ただし、職種や部門によって残業時間に差があるようで、例えば建設部門の場合は業務量が多いため、残業も多く22時退社も珍しくないようです。ただし、土日祝はしっかりと休めるほか、全社的にワークライフバランスを推進しており、有給休暇の取得が奨励されています。2020年度の平均取得日数は16.5日、付与日数に対する使用日数の平均取得率85.0%と、ワーク・ライフ・バランスの実現にも取り組んでいます。

JR東日本の口コミ・評判

出典:Openwork

カテゴリー 主な口コミまとめ
給与・福利厚生
  • 完全な年功序列の給与体系であり、昇進による昇給よりも年次による定期昇給の比率が高い。
  • 基本給は他の大企業と比較しても非常に高い。
  • 鉄道業界では給与が良いが、メーカーなどと比べると物足りなさはある。
ワークライフバランス
  • 現場では泊まり勤務や残業が欠かせない仕事量になる。
  • 希望すれば有給休暇をほぼ100%取得できる。
  • オフィス勤務であればコアのなりフレックスタイム制度がある。
仕事のやりがい
  • 鉄道という社会インフラを扱っており、やりがいの大きさや自己肯定感を得られれる。
  • JR東日本というブランド力を活かして、社内外にコネクションを持てる。
  • 現場ではお客様から心無い言葉を投げられて、ときには暴力を振るわれることもある。
オフィスの雰囲気・人間関係
  • 年功序列のため上意下達のコミュニケーション。
  • チームワークや和の文化を大切にするため、とがった人材は受け入れられない。
  • 面倒見の良い社員が多い。

JR東日本に転職するためには

JR東日本に転職する方は、JR東日本の採用ページから応募することも可能ですが、転職エージェントに一度相談してから、応募することをおすすめします。

JR東日本に転職するためのおすすめの転職エージェントを紹介します。

尚、転職エージェントに登録するときは、できれば4社の転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーがあなたの転職のサポートをしてくれます。

キャリアアドバイザーも人ですから、キャリアアドバイザーによっては合う合わないがあります。
あなたに合ったキャリアアドバイザーに出会うためにも、複数の転職エージェントに登録することがおすすめです。

転職を成功させた人は、平均4社の転職エージェントに登録しているので、最低3社、できれば4社の転職エージェントに登録しましょう。

おすすめの転職エージェント

Rank 転職エージェント 特徴
1 リクルートエージェント 求人数・実績No.1。幅広い業界・企業の求人から自分に合った求人を選びたい方におすすめ
2 doda 業界最大級。各業界に精通したアドバイザーが在籍し、コンサル力に強み。
3 マイナビエージェント はじめての転職の方におすすめ。丁寧な転職サポートが評判。
4 JACリクルートメント 年収600万円以上のハイクラス向け求人数No.1。ハイクラス・外資系への転職を考えている方におすすめ。
5 パソナキャリア 手厚いサポート、カウンセリングの評判が高い。転職に不安や悩みのある方におすすめ。
6 type転職エージェント 年収アップ率71%。企業と粘り強く年収交渉をしてくれます。年収をアップさせたい方におすすめ。
7 ランスタッド 年収500万円以上の求人、外資系求人に強い。ハイクラス・外資系への転職を考えている方におすすめ。
8 マイナビジョブ20’s 20代に特化。第二新卒やキャリアアップを目指す20代に強い。
9 MS-Japan 管理部門・士業特化型転職エージェントNo.1。管理部門や士業系求人への転職を考えている方におすすめ。
10 ハタラクティブ 20代に特化。求人の80%以上が正社員未経験OKの求人。サポートも評判が高い。20代の方におすすめ。

条件別おすすめ転職エージェント

年齢別
20代 30代 40代

職種別
経理 財務 人事 総務 法務 内部監査 経営企画  広報・IR M&A
会計士 税理士 USCPA
営業 IT・エンジニア  事務
薬剤師  登録販売者  看護師

業種別
飲食 コンサルティングファーム

その他
女性 Uターン・Iターン  エグゼクティブ・ハイクラス

関連業界

注目企業カテゴリの最新記事