日産自動車への転職|日産自動車の事業内容・業績・年収と転職活動の進め方

日産自動車への転職|日産自動車の事業内容・業績・年収と転職活動の進め方

日産自動車に転職を考えている方に、日産自動車の事業内容、業績、年収などのポイントを整理してお届けします。また、転職エージェントとして、多くの方の転職をサポートした経験から、具体的な転職活動の進め方もご紹介します。

日産自動車について知っておくべきこと

  • 2018年の販売台数は1076万台(ルノー日産三菱アライアンス)と世界2位。
  • ゴーン体制からの経営体制の変更により、経営戦略の見直しが進められている。
  • 経営戦略の見直し・変革により、販売台数・利益ともに苦戦。変革後の回復を期待。
  • 平均年収は815万円。残業時間は20-30時間とワークライフバランスを取りながら働けている。待遇面での満足度が高い。

日産自動車の事業内容

1933年に設立した日産自動車。日本を代表する自動車メーカーとして、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなどで自動車の製造販売事業を展開しています。
資本提携しているルノー日産三菱アライアンスでの2018年の販売台数は1076万台と、首位のフォルクスワーゲングループの1083万台に次ぐ世界2位の世界的メーカーです。

日産自動車は、中期経営計画「Nissan M.O.V.E. to 2022」で、”「モビリティ」のM、「オペレーション・エクセレンス」のO、「バリュー・トゥ・カスタマー(お客さまへの価値提供)」のV、「エレクトリフィケーション(電動化)」のEという強みを活かしながら日産が前進する”ことを掲げ、「技術の日産」として、「持続可能な成長」の実現をミッションとしています。

日産自動車 公式サイトより)

日産自動車の2019年3月期(2018年4月~2019年3月)の販売台数(※)は、前年比4.4%減、台数にして25万台減の552万台となりました。

日本と中国での販売は前年を上回りましたが、北米での販売台数が前年比9.3%減、台数で19万台減、欧州に至っては前年比14.9%も減少し、台数でも11万台減となり、全体の販売台数の落ち込みの主因となりました。

(※)ルノー、三菱自動車を含まない販売台数。

(有価証券報告書より作成)

日産自動車の業績推移

売上高

2019年3月期の売上高は、販売台数の減少が響き、前年比3.2%減の11兆6千億円となりました。

2020年3月期の売上高は、2.4%減の11兆3千億円を計画しています。

(有価証券報告書より作成)

売上総利益

2019年3月期の売上総利益は、前年比10.9%減の1.9兆円となりました。
売上高減少による影響とともに、売上総利益率の減少も加わって、減益となりました。
売上総利益率については、2年連続で減少しており、2019年3月期は、前年から1.5%減の16.4%となりました。

(有価証券報告書より作成)

営業利益・純利益

2019年3月期の営業利益は、前年比44.6%減の3,182億円。純利益は、前年比57.3%減の3,191億円となり、大幅な減益となりました。

2020年3月期はさらに利益が減少すると予想しており、営業利益は27.7%減の2,300億円、当期純利益は46.7%減の1,700億円を計画しています。

(有価証券報告書より作成)

日産自動車の年収・残業時間・口コミ

平均年収 : 815万円

平均年齢 : 41.8歳

残業時間 : 20時間~30時間

(※ 有価証券報告書、口コミより)

日産自動車の平均年収で815万円(2018年度)でした。

残業時間は20~30時間と、ワークライフバランスを取りながら働くことができているようです。

また、口コミの評価を見てみると、待遇と人事評価についての評価が高いことがわかりました。仕事へのやりがいや職場の雰囲気・環境についても、業界平均並みの評価を得ています。

openworkより)

日産自動車の採用情報・求人情報

日産自動車は、積極的に採用活動を行っています。

日産自動車の採用サイトでは、以下の職種の募集を行っています。

技術系

  • 研究
  • 実験評価
  • 車両先行開発
  • 車両開発
  • パワートレイン・EV
  • 電子開発
  • プラットフォーム・車両要素開発
  • プロダクションエンジニアリング(パワートレイン生産技術)
  • プロダクションエンジニアリング(車両生産技術)
  • プロダクションエンジニアリング(生産技術:品質)
  • プロダクションエンジニアリング(第二新卒)
  • 生産システムプロモーション・IE
  • グローバルアフターセールス(コネクテッドカービジネス)
  • 商品原価・利益管理
  • デザイン
  • コネクティッドカー&サービス
  • グローバル情報システム
  • グローバル資産管理


事務系

  • グローバルアフターセールス(コネクテッドカービジネス、プロジェクトマネジメント 他)
  • グローバル購買
  • コーポレートサービス統括
  • 国内マーケティング&セールス
  • 経理財務
  • 商品企画・マーケットリサーチ
  • 情報セキュリティ
  • 人事
  • 内部監査
  • 法務
  • LCV(小型商用車)
  • コンプライアンス

 (日産自動車 採用ページより)

企業が採用活動を行うときは、自社の採用サイトでの募集とともに、転職エージェントに依頼して募集するケースが多いです。

転職エージェントにしか知らせていない求人があるので、日産自動車に応募する際は、まず転職エージェントに登録して、転職エージェントに日産自動車の募集求人を確認するようにしましょう

日産自動車への転職の進め方

転職活動の5つのステップ

転職活動は、大きく分けて5つのステップに沿って進めます。

事前準備・情報収集

②履歴書・職務経歴書の作成

③転職エージェントとの面談・相談

④応募、面接

⑤内定、入社

③の転職エージェントとの面談・相談は、①事前準備・情報収集、②履歴書・職務経歴書の作成と同じタイミングでして頂いても大丈夫です。

初めて転職する方は、転職をどう進めたらいいかわからないでしょうから、転職エージェントに早めに相談しても大丈夫です。

ただし、全く準備せずに相談せずに、ある程度は考えの整理や事前準備をしてから転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職を成功させるために転職エージェントを使うべき3つの理由

転職を成功させるためには、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職サイトや企業の採用ページから直接応募することもできるので、転職エージェントに頼らなくても、転職活動を進めることはできます。

ただ、転職を成功させるためには、転職エージェントを使うべき理由が3つあります。

①転職エージェントからしか応募できない求人がある

企業の求人は、企業の採用ページや転職サイトにも掲載されていないものもあります。非公開求人は、企業が信頼している転職エージェントだけに伝えているので、転職サイトや採用ページからは応募することができません。非公開求人を知らずに転職活動をするのは、選択肢を狭めることになってしまいます。

②転職エージェントが履歴書・職務経歴書作成や面接対策のサポートをしてくれる

転職エージェントに相談すれば、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策のサポートもしてくれますので、書類選考や面接を突破しやすくしてくれます。

③年収などの条件交渉をしてくれる

内定をもらったときにも、年収などの条件の交渉もお願いすることもできます。

数ヶ月後には入社する企業の方と、直接交渉することは気が引けますよね。転職エージェントに年収などの希望条件を伝えて、転職エージェント経由で交渉してもらうことで、スムーズに交渉を進めることができます。

転職エージェントは最低3つは登録する

転職エージェントに登録するときは、3~4社の転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントによって、合う合わないがありますし、持っている情報も違うので、3~4社の転職エージェントに登録・相談しながら進めたほうがいいです。

実際に、転職を成功させた人は、平均4社の転職エージェントに登録・相談しているようです。

複数の転職エージェントに登録して、転職情報やアドバイスを得ながら、進めていくことが転職の成功につながります。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

幅広い業界・企業の求人から自分に合った求人を選びたい方におすすめ

求人数・実績No.1の国内最大手の転職エージェントです。求人数は28万8,000件以上!
最大手だけあり、キャリアアドバイザーからのサポートだけでなく、転職の成功へ向けたセミナーも開催するなど、充実したサポート体制が整っています。

幅広い業界・求人から自分に合った求人を選びたいとお考えの方におすすめの転職エージェントです。

リクルートグループが運営している転職サイト「リクナビNEXT」にも登録することで、効率的に転職活動を進めることができます。


doda

業界に精通したアドバイザーに相談したい方におすすめ

業界最大級の転職エージェントのdoda。リクルートエージェントに次ぐ業界2番手で、求人数は13万6,000件以上。豊富な求人から自分に合った求人を選ぶことができます。

dodaの強みは、各業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍していること。多くのアドバイザーは、担当している業界出身ですので、業界についての知識・経験に基づいたコンサルティング力には定評があります。

業界に精通したアドバイザーに相談して、業界や企業についてのより詳細な情報を得たい方は、dodaがおすすめです。

パソナキャリア

定評のある手厚いサポートを受けながら転職活動を進めたい方におすすめ

パソナキャリア』は、手厚いサポートに定評のある転職エージェントです。求人数は3万9,000件以上、全国をカバーしています。転職に不安や悩みがあって、キャリアアドバイザーに相談しながら転職活動を進めたい方におすすめです。

パソナキャリアは、履歴書や職務経歴書のアドバイス、面接対策などのサポートだけでなく、カウンセリングを通してあなたに合った求人の紹介、転職の悩み相談などもしてくれます。

特に東京近郊、大阪、名古屋に強いですが、地方求人もあるので、地方の方でも利用可能です。

マイナビエージェント

はじめて転職する方におすすめ

マイナビエージェント』は、転職活動のサポート力に定評があります。履歴書や職務経歴書のアドバイスや、面接対策など、転職活動のサポートに時間をかけてくれます。はじめて転職活動をされる方におすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントは、全国47都道府県をカバーしており、求人数は3万7,000件以上あります。

新卒の就活大手のマイナビの転職エージェントだけあり、20代~30代の若手人材へのサポートに強いエージェントです。

さいごに

転職活動を進める上では、転職エージェントは欠かせない存在です。

転職を成功させて、希望に合った仕事に就くためにも、転職エージェント選びは大切です。

あなたに合った転職エージェントに巡り合うためにも、最低3つ以上の転職エージェントに登録するようにしましょう。

あなたの転職の成功に少しでもお役に立てれれば幸いです。

 

条件別おすすめ転職エージェント

年齢別
20代 30代 40代

職種別
経理 財務 人事 総務 法務 内部監査 経営企画  広報・IR M&A
会計士 税理士 USCPA
営業 IT・エンジニア  事務
薬剤師  登録販売者  看護師

業種別
飲食 コンサルティングファーム

その他
女性 Uターン・Iターン  エグゼクティブ・ハイクラス

注目企業カテゴリの最新記事