地方に移住して仕事をする人が増えている理由とは

地方に移住して仕事をする人が増えている理由とは

最近、Uターン、Iターンという言葉が注目されてきています。

Uターン、Iターンに関係しそうな言葉としては、Uターン転職・Iターン転職という言葉や、安倍政権が掲げる地方創生なんて言葉もありますよね。

テレビでも地方への移住を特集している番組もちらほら見かけます。

実際に、地方に移住して仕事をする人が増えてきているようですが、なぜなのでしょうか。

地方へ移住している人が増えている理由をまとめました。

※ Uターン、Iターンについて知りたい方は、「Uターン、Jターン、Iターンとは?」をご覧ください。

Uターン、Iターンが増えている理由

自治体の支援制度

インターネットで、UターンやIターンというワードを検索してみると、都道府県や市町村の移住支援サイトが目につきます。

安倍政権が掲げる地方創生の流れもあってか、最近、地方自治体は、移住の受け入れや移住支援に積極的になっています。

Webサイトだけでなく、ほとんどの都道府県が移住相談窓口を東京都内に設置しています。

なかなか、Webサイトだけだとイメージがつきにくかったりしますが、窓口で相談することで、安心して移住を進めることができるようになっています。

働き方改革

働き方改革の流れで、リモートワーク、在宅勤務といった言葉が注目されています。また、副業についても徐々に浸透してきていますよね。

以前は、毎日同じオフィスに出勤するという勤務スタイルが一般的でしたが、今では週の半分は在宅勤務するなど、自由なワークスタイルが受け入れられるようになってきています。

在宅勤務やリモートワークは、以前はスタートアップやベンチャー企業などで積極的に取り入れている印象がありましたが、最近では大企業でも導入する企業が増えてきているようです。

このような流れの中で、都心の企業に勤めているけど、住んでいる場所は地方なんて人をちらほら見かけるようになっています。

フリーランス

フリーランスという言葉をよく耳にしませんか?いわゆる、会社に属さずに個人で仕事をしている人のことですね。実は、日本のフリーランス人口は徐々に増えてきています。

ランサーズ株式会社の調査によると、日本のフリーランスの人口は1119万人もいるようです。3年前は913万人だったので、3年間で2百万人も増えています!

フリーランスの方の中には、地方に移住して、仕事をしている人も結構います。今の時代、パソコンさえあれば仕事ができる時代になってきているので、例えば、地方に住んでいるけど、毎月1週間くらいは東京に出張して打合せをするというワークスタイルの人もいます。

働き方改革で企業に勤める人の自由度も上がってますが、そもそも企業に勤めず、しかも住む場所も自由に選ぶというスタイルも少しずつですが増えてきているのも、地方への移住が増えている要因のようです。

IT技術の進歩

地方に移住する人が増えているトレンドを語る上で忘れてはならないのは、IT技術の進歩です。リモートワーク・在宅勤務もそうですし、地方に住むながら仕事をするフリーランスの人たちの働き方も、パソコンとインターネットがないと成立しません。

IT技術の進歩で、チャットやWeb会議を有効に利用すれば、同じ職場で働いていなくても、同僚や取引先の人とのやり取りや打ち合わせも簡単にできるようになってきています。

地方にいながら、都会とほとんど変わらない仕事環境があるからでこそ、地方への移住が進んでいるかもしれません。

まとめ

様々な制度や技術革新によって、UターンやIターンをよりしやすい環境になってきているようです。

UターンやIターンをして、都会の喧騒から離れて、ゆっくりと充実した生活を送っている方もかなりいるようです。

ご興味のある方は、まずは自治体の相談窓口に行って相談してみましょう。

UIターン転職カテゴリの最新記事