家電量販店業界を徹底解説|業界のトレンド・ランキング

家電量販店業界を徹底解説|業界のトレンド・ランキング

家電量販店業界を徹底解説します。家電量販店業界のトレンド、主要企業やランキングをご紹介します。家電量販店業界への転職を考えている方、株式投資をしていて家電量販店業界に興味のある方などなど、家電量販店業界の動向に興味のある方におススメです。家電量販店業界の業界研究に是非ご活用下さい。

家電量販店業界は大量仕入・大量販売で成長

家電量販店は、様々な電化製品を大量に仕入れて販売する業態の店舗です。かつて電気屋さんといえば、個人商店が契約したメーカーの電化製品のみ取り扱う業態が主流でした。しかし電化製品の性能向上や均一化が進むにつれて、価格で優位な家電量販店が、電化製品販売の主流となったのです。2020年では家電量販店業界全体で約4兆7,000億円の市場があるとされています。

家電量販店業界は、東京や大阪などにある電化製品街で産まれました。その後、郊外の人口増加につれて、店舗数を増やしていったのです。さらに近年は、ターミナル駅周辺に大型店舗を設置する家電量販店も増えています。

群雄割拠からM&Aで寡占が進む

近年、家電量販店業界では合併が進んでいます。これはインターネットの発達によるECサイトが、家電量販店業界のライバルとなったからです。そのため家電量販店業界では、合併によって仕入を優位に進めるようにしながら、自社でもECサイトを立ち上げて、販路の拡大を狙っています。

コロナ禍で明暗分かれる

新型コロナウィルスの感染拡大予防の影響は、家電量販店業界には明確な差が出る結果となりました。ターミナル駅周辺の大型店舗では、インバウンドの消失と人出減少の影響を大きく受けてしまったのです。その一方で郊外のロードサイド店では、巣ごもり需要と政府の補助金による買い換え需要を受け、業績を伸ばすことができました。

大手同士での差別化が顕著に

家電量販店業界では統合が進み、現在大手7社が存在しています。各社とも他業種とのコラボや販路の拡大に注力しているのが現状です。

ヤマダデンキ:業界トップ、総合生活量販店へ

ヤマダデンキは、ヤマダホールディングスの子会社が運営する家電量販店です。売上高は約1兆7,500億円、店舗数はグループ会社を含めて900店以上あります。創業は1973年、群馬県前橋市の電気店です。現在は住宅や住居設備関連の会社を買収し、住環境を総合的にサポートする企業への変換を図っています。

ビックカメラ:EC連携と郊外店強化

ビックカメラは東京都豊島区に本社を置く、家電量販店です。売上高は約8,500億円で、傘下の企業を併せて217店舗を展開しています。創業は1978年、群馬県高崎市です。ECサイトの確立と日用品などの販売に注力しています。

ケーズデンキ:現金値引で消費者にアピール

ケーズデンキは、株式会社ケーズホールディングスが運営する家電量販店です。売上高は約7,900億円、店舗数は500店舗を越えています。創業は1947年、茨城県水戸市です。他社のようなポイント制度を行わず、現金値引に注力しています。また家電販売に特化した戦略をとっていることも特徴です。

エディオン:地域の有力量販店連合

エディオンは、大阪市北区に本社を置く家電量販店です。売上高は約7,700億円で、店舗数は433店あります。創業は2002年、中国地方で展開していたデオデオと、東海地方で展開していたエイデンが合併することで始まりました。その後、各地の家電量販店を吸収し、今に至っているのです。リフォーム事業やプログラミング教室など多角化を図っています。

ヨドバシカメラ:ECサイトで巻き返し

ヨドバシカメラは、東京都新宿区に本社を置く家電量販店です。売上高は約7,300億円で、店舗数は24店あります。創業は1970年代に渋谷で始めた写真店です。ターミナル駅周辺に巨大店舗を構える戦略で成長してきました。また独自のECサイトは送料無料・翌日配送で人気を博しています。

ノジマ:ネット事業強化も模索中

ノジマは、神奈川県横浜市に本社を置く家電量販店です。売上高は約5,200億円、店舗数は210店あります。1959年の創業以降、関東中心に店舗を拡大していきました。近年は携帯電話ショップやインターネットプロバイダーを買収し、多角化を図っています。

ジョーシン:関西地盤と生活雑貨と玩具で差別化

ジョーシンは、大阪市浪速区に本社を置く上新電機が運営する家電量販店です。売上高は約4,500億円で、店舗数は234店あります。近畿地方で高いシェアを有し、地域に密着した販売戦略を行っています。また玩具やゲーム、模型といったホビー領域にも強いことが特徴です。

<参考情報>


★ 他の業界動向も知りたい場合は 注目業界一覧 をご覧ください★

家電量販店への転職

家電量販店への転職を考えている方は、まずは転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントに相談すれば、業界や仕事内容などについてきっちりと説明してくれます。また、各社の 選考の突破率を向上させるために、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策を受けることもできます。

また、自分だけでは見つけることのできない企業を紹介してくれるかもしれませんし、家電量販店の業界以外の様々な仕事も紹介してくるので、転職先の幅を広げることができます。

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
JACリクルートメント
パソナキャリア
type転職エージェント


★ 転職エージェントをお探しの方は、 おすすめの転職エージェント10選 をご覧ください★

家電量販店運営企業の売上高ランキング

順位 店舗ブランド 運営会社 売上高
1  ヤマダデンキ  ヤマダホールディングス 1兆7,500億円
2  ビックカメラ  ビックカメラ 8,500億円
3  ケーズデンキ  ケーズホールディングス 7,900億円
4  エディオン  エディオン 7,700億円
5  ヨドバシカメラ  ヨドバシカメラ 7,300億円
6  ノジマ  ノジマ 5,200億円
7  ジョーシン  上新電機 4,500億円

注目業界カテゴリの最新記事