牛丼・かつ丼業界を徹底解説|業界のトレンド・ランキング

牛丼・かつ丼業界を徹底解説|業界のトレンド・ランキング

牛丼・かつ丼チェーン業界を徹底解説します。牛丼・かつ丼チェーン業界のトレンド、主要企業やランキングをご紹介します。牛丼・かつ丼チェーン業界への転職を考えている方、株式投資をしていて牛丼・かつ丼チェーン業界に興味のある方などなど、牛丼・かつ丼チェーン業界の動向に興味のある方におススメです。牛丼・かつ丼チェーン業界の業界研究に是非ご活用下さい。

牛丼は古くからの日本のファストフード

牛丼は、すき焼き風に煮込んだ「牛鍋」をご飯の上にかけて食べる料理です。そのレシピは古く明治時代からあり、日本人の間で食べられていました。戦後も手軽に食べられるメニューとして日本中に普及し、2020年では3939億円の市場規模になっています。

かつ丼業界は近年急成長、カギは調理の効率化

かつ丼は、トンカツと卵に出汁をかけたものをご飯に乗せて食べる料理です。また地域によっては、味噌やソースをかけて食べるスタイルがあります。その起源ははっきりしたものはありません。しかし明治・大正時代にはすでに存在していたとされています。かつ丼は当初、とんかつを使うためやや高級な料理のイメージがありました。ところが近年、調理方法の簡素化が進んだため、低価格でかつ丼を提供する店舗が急増しているのです。市場規模は、とんかつ業界と合わせて500億円を超えています。

コロナ禍で減益もテイクアウトと1人飯で回復目指す

新型コロナウィルスによる社会活動の制限は、牛丼業界にも影響を及ぼしました。大手牛丼チェーンの業績は、軒並み苦戦を強いられたのです。しかし元々牛丼は、多人数での食事は少なく、酒類を伴うことがありません。さらにテイクアウトやデリバリーとも相性が良いため、比較的早い段階で業績を回復しましたが、前年比を超えられないのが現状です。

コロナ禍でも前年比増収を果たしたかつ丼大手

一方でかつ丼業界は快進撃を続けました。かつ丼最大手「かつや」は、2020年においても前年比110%以上の売上を残したのです。これは同社の店舗が郊外のロードサイドに多かったことと、早くからテイクアウトとデリバリーに注力したことが理由にあります。

牛丼業界は大手「御三家」が市場を席巻

牛丼業界は大手三社が圧倒的なシェアを占めています。牛丼業界への参入時期はずれているのですが、いずれも独自性を持ったメニューを展開して人気を得ているのです。

すき家

すき家は、ゼンショーホールディングスの子会社が運営する牛丼チェーンです。牛丼業界への参入は1982年ですが、牛丼以外の独自の丼をラインナップすることで、業績を伸ばしてきました。現在店舗数は約3000店舗、2021年3月期の売上は約2162億円です。※サブブランド「なか卯」の業績も含む

吉野家

吉野家は、吉野家ホールディングスの子会社が展開する牛丼チェーンです。大手では最古参で、源流は明治時代から、そして1947年には東京築地で営業を始めています。現在国内に1,183店舗、そして海外に945店舗展開しています。売上は2021年2月期で約1056億円です。

松屋

松屋は、松屋フーズホールディングスの子会社が運営する牛丼チェーンです。牛丼とカレー、そして定食をメインメニューとして展開しています。創業は1966年、東京都練馬区で始まりました。店舗数は960店舗で、売上は2021年3月期末で約944億円です。※別業態の業績を含む

かつ丼業界は急成長のトップブランドと後を追う数社

かつ丼業界は、急成長した最大手が高いシェアを先取りしました。しかしそんな「おいしい業界」を外食大手が見逃す訳がありません。そのため近年は大手外食チェーンがかつ丼ブランドを展開しています。また地場の味付けでかつ丼を提供するブランドも健在です。

かつや

かつやは、アークランドサービスホールディングスの子会社が運営するかつ丼チェーンです。職人の技術を要したとんかつの調理を簡素化することに成功し、積極的な出店をすることができました。1998年に事業を始めてから国内420、海外59の店舗数まで増やしています。売上は国内のみで約240億円(2020年12月期末)です。

豚屋とん一

豚屋とん一は、トリドールホールディングスの子会社が運営するかつ丼チェーンです。ショッピングセンターのフードコートを中心に出店し、現在37店舗まで増やしています。

松のや

松のやは、松屋フーズホールディングスの子会社が運営するかつ丼チェーンです。全国で197店舗を展開しています。

とんから亭

とんから亭は、すかいらーくホールディングスの子会社が運営するかつ丼チェーンです。2016年埼玉県草加市で1号店を出店しました。現在全国で11店舗を展開しています。

矢場とん

矢場とんは、株式会社矢場とんが運営するかつ丼チェーンです。1947年に一号店を出店後、現在全国に29店舗(テイクアウト専門店5店含む)展開しています。矢場とんは、名古屋名物「みそかつ」をベースとしたとんかつを使用していることが特徴です。

<参考情報>


★ 他の業界動向も知りたい場合は 注目業界一覧 をご覧ください★

飲食業界への転職

飲食業界への転職を考えている方は、まずは転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントに相談すれば、業界や仕事内容などについてきっちりと説明してくれます。また、各社の 選考の突破率を向上させるために、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策を受けることもできます。

また、自分だけでは見つけることのできない企業を紹介してくれるかもしれませんし、飲食業界以外の様々な仕事も紹介してくるので、転職先の幅を広げることができます。

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
JACリクルートメント
パソナキャリア
type転職エージェント




★ 転職エージェントをお探しの方は、 おすすめの転職エージェント10選 をご覧ください★

牛丼チェーン運営企業の店舗数ランキング

順位 ブランド 運営会社 店舗数
1  すき家  ゼンショーHD 約3,000店
2  吉野家  吉野家HD 2,128店
(国内1,183店、海外945店)
3  松屋  松屋フーズHD 960店

かつ丼チェーン運営企業の店舗数ランキング

順位 ブランド 運営会社 店舗数
1  かつや  アークランドサービスHD 479店
(国内420店、海外59店)
2  松のや  松屋フーズHD 197店
3  豚屋とん一  トリドールHD 37店
4  矢場とん  株式会社矢場とん

29店

5  とんから亭  すかいらーくHD 11店

注目業界カテゴリの最新記事