ステーキ業界を徹底解説|業界のトレンド・ランキング

ステーキ業界を徹底解説|業界のトレンド・ランキング

ステーキチェーン業界を徹底解説します。ステーキチェーン業界のトレンド、主要企業やランキングをご紹介します。ステーキチェーン業界への転職を考えている方、株式投資をしていてステーキチェーン業界に興味のある方などなど、ステーキチェーン業界の動向に興味のある方におススメです。ステーキチェーン業界の業界研究に是非ご活用下さい。

ステーキ業界は低価格化によって市場は拡大

ステーキとは厚切りの肉を焼いて食べる料理の総称です。ただし日本でのステーキは厚切りの牛肉を指すことが一般的です。牛肉は他の肉に比べて一般的に高いためステーキはこれまで高級料理の1つに挙げられていました。

ところが近年、安価な外国牛肉の増加と、調理システムの進化によって低価格化が進んだのです。そのためステーキ業界は成長を続け、2018年では約3,685億円の市場規模があるとされています。

2020年~2021年のステーキ業界は下克上の争い

ところがこの1~2年、ステーキ業界の変化が見られます。低価格ステーキの筆頭として積極的な出店をしていた企業が、大幅な業績不振に陥ったのです。その一方で、新たな低価格ステーキ店の進出が始まっています。

高級志向から格安ステーキまでシェアを割拠

ステーキ業界のブランドは、古くからある中~高価格帯のブランドから、近年目まぐるしい成長を示す低価格帯ブランドに分けられます。またステーキはファミリーレストランなどもメニューに入っていることが多く、ライバルは多数と考えられます。

今回の記事ではステーキをメインに提供する大手ブランドを解説します。

ビッグボーイ

ビッグボーイは、ゼンショーホールディングスの子会社のビッグボーイジャパンが運営するステーキチェーンです。1977年に創業し1978年、大阪府箕面市にて1号店を開業しました。2021年3月現在、261店舗を構えています。

ステーキガスト

ステーキガストは、すかいらーくホールディングスが運営するステーキチェーンです。2010年神奈川県大和市で1号店をオープンさせました。2021年6月時点で125店舗を営業しています。格安にステーキを食べられるレストランを売りに展開してます。

ステーキ宮

ステーキ宮は、株式会社アトムが運営するステーキチェーンです。1975年栃木県宇都宮市で創業し、2021年9月時点で123店舗を運営しています。創業以来伝えられている秘伝のソースが特徴です。

ブロンコビリー

ブロンコビリーは、株式会社ブロンコビリーが運営するステーキチェーンです。1978年名古屋市北区で創業しました。2020年12月時点で128店舗を展開しています。魚沼産コシヒカリを使用したライスなど、ステーキ以外の素材にもこだわりを持っています。2020年12月期末での売上は約172億円です。

フォルクス

フォルクスは、アークミールが運営するステーキチェーンです。1970年に創業し、2021年9月時点で40店舗を運営しています。サラダバー方式を初めて採用したことで知られています。また2020年に焼肉チェーン安楽亭の傘下になりました。

ステーキのどん

ステーキのどんは、アークミールが運営するステーキチェーンです。1976年群馬県前橋市で創業しました。2021年9月時点で店舗数は63です。ステーキのどんも、2020年に焼肉チェーン安楽亭の傘下になっています。

ステーキあさくま

ステーキのあさくまは、株式会社あさくまが運営する焼肉チェーンです。1948年12月に創業しました。2021年9月時点で、67店舗営業されています。2021年3月期末の売上は約63億円です。

ペッパーランチ

ペッパーランチは、ホットパレットが運営するステーキチェーンです。1994年神奈川県鎌倉市で創業しました。タイマー付の電磁調理器を使った調理システムで、積極的に出店し、500店舗以上の出店に成功しました。しかしその後業績は急降下し、店舗数を大幅に減らしています。

いきなり!ステーキ

いきなり!ステーキは、ペッパーフードサービスが運営するステーキチェーンです。2013年12月東京銀座で営業を始めました。立ち食い量り売りというスタイルで、小規模店舗で積極出店し、500店舗近くまで増やしました。しかし2020年に業績が悪化し、店舗数を減らしています。

やっぱりステーキ

やっぱりステーキは、ディーズプランニングが運営するステーキチェーンです。2015年2月沖縄県那覇市で、営業が始まりました。〆のラーメン屋のような、気軽に入れる運営スタイルで店舗を拡大しています。店舗数は2020年3月時点で50店舗です。

<参考情報>


★ 他の業界動向も知りたい場合は 注目業界一覧 をご覧ください★

飲食業界への転職

飲食業界への転職を考えている方は、まずは転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントに相談すれば、業界や仕事内容などについてきっちりと説明してくれます。また、各社の 選考の突破率を向上させるために、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策を受けることもできます。

また、自分だけでは見つけることのできない企業を紹介してくれるかもしれませんし、飲食業界以外の様々な仕事も紹介してくるので、転職先の幅を広げることができます。

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
JACリクルートメント
パソナキャリア
type転職エージェント




★ 転職エージェントをお探しの方は、 おすすめの転職エージェント10選 をご覧ください★

ステーキ運営企業の店舗数ランキング

順位 ブランド 運営会社 店舗数
1  ペッパーランチ  ホットパレット 525店
2  ビッグボーイ  ビッグボーイジャパン
ゼンショーHDグループ)
261店
3  いきなり!ステーキ  ペッパーフードサービス 246店
4  ブロンコビリー  ブロンコビリー 128店
5  ステーキガスト  すかいらーくホールディングス 125店
6  ステーキ宮  アトム 123店
7  ステーキのどん  アークミール安楽亭 63店
8  ステーキのあさくま  あさくま 61店
9  やっぱりステーキ  ディーズプランニング 50店
10  フォルクス  アークミール安楽亭 40店

注目業界カテゴリの最新記事