定食業界を徹底解説|業界のトレンド・ランキング

定食業界を徹底解説|業界のトレンド・ランキング

定食チェーン業界を徹底解説します。定食チェーン業界のトレンド、主要企業やランキングをご紹介します。定食チェーン業界への転職を考えている方、株式投資をしていて定食チェーン業界に興味のある方などなど、定食チェーン業界の動向に興味のある方におススメです。定食チェーン業界の業界研究に是非ご活用下さい。

定食業界は「おふくろの味」を提供する人気業界

定食業界は典型的な日本の家庭料理である「一汁三菜」を提供する外食の一業態です。煮物や焼魚など、他の業態では見られない料理が出されます。業界大手9チェーンが発表した内容によると、売上規模は922億円に達しています。

業態の線引きが弱いため代替品の参入が活発

定食業界は、一般的におかずと汁物にご飯が提供する形態の定食サービスを提供しています。また市場の主戦場が昼食にある点も特徴です。そのため夕食メインの外食業態が、「ランチメニュー」として定食を提供することが多く見られます。 ※この記事での定食業界は「和食の定食」をメインに提供しているチェーンに限定しています

運営スタイルは「社食・学食風」のところも

また定食業界の特徴として、カフェテリアスタイルを採用しているチェーン店があることです。カフェテリアとは、来店客がお盆を手に取り、厨房から直接メニューを受け取ってから会計を行い、自らの手でテーブルまで運ぶ方式です。この方式によって、コストを抑えながら、多数のメニューをラインナップできるようにしています。

コロナ禍は「テイクアウト・デリバリー」がトレンド

近年の定食業界も、新型コロナウィルスによる外食自粛の影響を受けました。しかし定食業界は持ち帰りや出前にも相性が良いため、素早い対応が見られたのです。大手外食チェーンでは店舗前にテイクアウト用スペースを設けているところがあります。またネットでの予約と配達を始めたチェーンもあります。

大小様々なチェーンがシェアを取り合っている

定食業界では全国に300店舗以上展開する大手が3社、地域性が見られるものの、他店舗展開している中堅4社7ブランドがあります。そして定食業界は、より地域性の強い小規模チェーンが多数参入しています。

やよい軒

やよい軒はお持ち帰り弁当店「ほっともっと」で有名なプレナス傘下の定食チェーンです。1989年に福岡県福岡市で事業を始め、2006年から屋号をやよい軒に変更しています。全国に380店舗以上を展開し、2021年2月期末では約224億円の売上を出している定食業界最大手です。

大戸屋

大戸屋大戸屋ホールディングス傘下の定食チェーンです。1958年東京池袋で創業し、全国展開を果たしました。また海外進出も積極的です。店舗数は国内外で430店舗、2021年3月期末では約161億円の売上がありました。なお大戸屋は2020年に外食大手コロワイドの傘下になっています。

まいどおおきに食堂

まいどおおきに食堂は、フジオフードシステムが運営する定食チェーンです。1988年に大阪で1号店をオープン後、積極的に全国展開していきました。店内はカフェテリア方式を採用しています。店舗数は約370店舗で、2020年12月期末で約117億円(推定)の売上をあげています。

和食さと

和食さとは、SRSホールディングス傘下の和食レストランチェーンです。1985年奈良県橿原市にて1号店をオープン後、近畿・東海を中心に店舗を展開しています。他の大手定食チェーンと比べ価格帯が高く、店内個室やすしメニューに強いことが特徴です。店舗数は206店舗で、2021年3月期末で約144億円の売上を出しています。

宮本むなし

SRSホールディングスでは宮本むなしという定食チェーンも展開しています。店舗数は41億円、2021年3月期末で約26億円の売上を上げています。

とんでん

とんでんとんでんホールディングス傘下の定食チェーンです。1973年に札幌市東区で1号店を始めました。北日本・東日本を中心に95店舗を展開しています。売上は2020年3月期末で約170億円です。

ザ・めしや

ザ・めしやは、ライフフーズが運営するカフェテリア方式の定食チェーンです。1986年奈良県橿原市で1号店を始め、近畿・東海を中心に39店舗展開しています。売上は2021年2月期末で約37億円です。

街かど屋

街かど屋は、ライフフーズが展開する定食チェーンです。ザ・めしやと違い、多彩な定食メニューを24時間営業で展開してます。2005年に京都市烏丸五条で1号店をオープンし、48店舗まで増やしています。売上は2021年2月期末で約35億円です。

めしや食堂

めしや食堂も、ライフフーズが運営する定食チェーンです。めしや食堂ではメニューを和食に特化したカフェテリア方式を採用しています。2005年に名古屋市港区で1号店をオープンさせ、13店舗まで増やしています。売上は2021年2月期末で約8億円です。

半田屋

半田屋は、株式会社半田屋が運営する定食チェーンです。カフェテリア方式を採用し、格安な「おふくろの味」を提供しています。創業は1954年、宮城県仙台駅付近の商店街で始まりました。現在は東北地方を中心に20店舗を展開し、北海道や中国地方にも進出しています。

<参考情報>


★ 他の業界動向も知りたい場合は 注目業界一覧 をご覧ください★

飲食業界への転職

飲食業界への転職を考えている方は、まずは転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントに相談すれば、業界や仕事内容などについてきっちりと説明してくれます。また、各社の 選考の突破率を向上させるために、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策を受けることもできます。

また、自分だけでは見つけることのできない企業を紹介してくれるかもしれませんし、飲食業界以外の様々な仕事も紹介してくるので、転職先の幅を広げることができます。

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
JACリクルートメント
パソナキャリア
type転職エージェント




★ 転職エージェントをお探しの方は、 おすすめの転職エージェント10選 をご覧ください★

注目業界カテゴリの最新記事