M&Aポジションへの転職におすすめの転職エージェント|タイプ別に厳選!

M&Aポジションへの転職におすすめの転職エージェント|タイプ別に厳選!

事業会社やファンドのM&Aポジションへの転職をお考えの方に、おすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職を考えている人にとって、転職エージェントは欠かせない存在です。

ただ、転職エージェントの数が多すぎて、どの転職エージェントに登録したらいいのか悩んでしまいますよね。

そこで、転職エージェントの特徴やタイプを紹介して、どの転職エージェントに登録したらいいかご説明します。

また、転職エージェントとして、多くの方の転職をサポートした経験から、具体的な転職活動の進め方もご紹介します。

おすすめの転職エージェント

タイプ 転職エージェント 特徴
総合 JACリクルートメント ハイクラス求人や外資系求人に強く、M&Aポジションへの転職支援実績もあります。サポートにも定評があります。
総合 リクルートエージェント 求人数・実績No.1。事業会社・ファンドなどのM&Aポジションの求人も多数あります。
専門 ムービン・ストラテジック・キャリア

投資銀行・ファンド、事業会社などのM&Aポジションへの転職に強く、質の高いサポートが評判。

専門 アクシスコンサルティング IT・コンサル業界に特化した転職エージェント。
コンサル出身者の事業会社やファンドなどでのM&Aポジションの転職支援実績あり。

転職エージェントに登録するときの注意点

転職エージェントに登録するときは、3社以上の転職エージェントに登録することをおすすめします。

担当したキャリアアドバイザーと合わないことがありますし、持っている情報も違うので、少なくとも3社以上の転職エージェントに登録・相談しながら進めることがおすすめです。

JACリクルートメントリクルートエージェント の2社に登録し、希望しているコンサルファームの特徴に応じて、ムービン・ストラテジック・キャリアアクシスコンサルティングのどちらか(もしくは両方)に登録することがおすすめです。

登録してキャリアアドバイザーと面談した上で、どの転職エージェントを使うかを決めることがおすすめです。

 

 

おすすめの大手総合転職エージェント

JACリクルートメント

ハイクラス・外資系に強く、M&Aポジションへの転職支援実績も多数

年収600万円以上のハイクラス向け求人数でNo.1を誇る『JACリクルートメント』。JACリクルートメントは、外資系転職エージェントということもあり、国内企業だけでなく外資系企業の求人も多く保有しています。

JACリクルートメントは、主に30代~50代の方で、高年収ポジションへの転職をお考えの方のサポートをしています。

M&Aポジションへの転職支援の実績も豊富にあり、事業会社やファンドなどでのM&Aポジションへの転職をお考えの方におすすめの転職エージェントです。

JACリクルートメントは、求職者(転職をお考えの方)を担当するキャリアアドバイザーが、法人営業も兼務しています。そのため、キャリアアドバイザーは、紹介する企業と直接接点があり、企業の内情にも精通しているため、業界や企業についてより詳しい情報を聞くことができます

リクルートエージェント

幅広い業界・企業の求人から自分に合った求人を選びたい方におすすめ

求人数・実績No.1の国内最大手の転職エージェントです。
最大手だけあり、キャリアアドバイザーからのサポートだけでなく、転職の成功へ向けたセミナーも開催するなど、充実したサポート体制が整っています。

幅広い業界・求人から自分に合った求人を選びたいとお考えの方におすすめの転職エージェントです。

リクルートグループが運営している転職サイト「リクナビNEXT」にも登録することで、効率的に転職活動を進めることができます。

おすすめの専門転職エージェント

ムービン・ストラテジック・キャリア

ムービン・ストラテジック・キャリアは、コンサル業界に強い転職エージェントです。「ファンド&M&A 金融転職」というM&Aポジション転職向けの専門サービスを提供しており、M&Aポジションへの転職支援実績も多数あります。

事業会社のM&Aポジションだけでなく、投資銀行やファンドへの転職支援も行っています。

銀行や証券会社で働いている方で、投資銀行やファンドへの転職を考えている方、事業会社への転職を考えている方におすすめです。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、コンサル業界、IT業界に特化した転職エージェントです。

アクシスコンサルティングは、コンサル業界、IT業界への転職サポートだけでなく、主にコンサルファーム出身者の転職支援も行っています。

転職活動の進め方

転職活動の5つのステップ

転職活動は、大きく分けて5つのステップに沿って進めます。

事前準備・情報収集

②履歴書・職務経歴書の作成

③転職エージェントとの面談・相談

④応募、面接

⑤内定、入社

③の転職エージェントとの面談・相談は、①事前準備・情報収集、②履歴書・職務経歴書の作成と同じタイミングでして頂いても大丈夫です。

初めて転職する方は、転職をどう進めたらいいかわからないでしょうから、転職エージェントに早めに相談しても大丈夫です。

ただし、全く準備せずに相談せずに、ある程度は考えの整理や事前準備をしてから転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職を成功させるために転職エージェントを使うべき3つの理由

転職を成功させるためには、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職サイトや企業の採用ページから直接応募することもできるので、転職エージェントに頼らなくても、転職活動を進めることはできます。

ただ、転職を成功させるためには、転職エージェントを使うべき理由が3つあります。

①転職エージェントからしか応募できない求人がある

企業の求人は、企業の採用ページや転職サイトにも掲載されていないものもあります。非公開求人は、企業が信頼している転職エージェントだけに伝えているので、転職サイトや採用ページからは応募することができません。非公開求人を知らずに転職活動をするのは、選択肢を狭めることになってしまいます。

②転職エージェントが履歴書・職務経歴書作成や面接対策のサポートをしてくれる

転職エージェントに相談すれば、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策のサポートもしてくれますので、書類選考や面接を突破しやすくしてくれます。

③年収などの条件交渉をしてくれる

内定をもらったときにも、年収などの条件の交渉もお願いすることもできます。

数ヶ月後には入社する企業の方と、直接交渉することは気が引けますよね。転職エージェントに年収などの希望条件を伝えて、転職エージェント経由で交渉してもらうことで、スムーズに交渉を進めることができます。

転職エージェントの使い方と7つの注意点

複数の転職エージェントを使う

① 自分に合った転職エージェント、キャリアアドバイザーを見つける

転職エージェントには特徴があり、強みも違います。複数のエージェントに登録して、それぞれの転職エージェントの強みを最大限活用して、転職活動を進めることが転職成功への近道です。

また、転職エージェントに登録すると、あなたの担当のキャリアアドバイザー(あなたの転職をサポートしてくれる担当者)がつきます。キャリアアドバイザーも人です。あなたに合わないキャリアアドバイザーの可能性もあります。複数の転職エージェントに登録して、あなたに合うキャリアドバイザーと一緒に転職活動を進めるようにしましょう。

転職に成功した人は、平均で4社の転職エージェントに登録しています。転職を成功させるためには、最低3社、できれば4、5社の転職エージェントに登録しましょう。

② 色々な転職エージェントの意見を聞く

転職エージェントもビジネスだということをまず理解する必要があります。転職エージェントは、転職者が転職してくれることで、企業から報酬を受け取ることで収入を得ています。

ほとんどのキャリアアドバイザーは、あなたの希望に合致した仕事を紹介して、希望を尊重してサポートしてくれます。ただ、担当するキャリアアドバイザーによっては、あなたの意見や希望をあまり聞かずに、企業への応募や入社を強く勧めてくるケースもあります。

仮に、1社しか転職エージェントを利用していないと、キャリアアドバイザーからの強い勧めで、転職活動を進めたものの、希望とは違う企業に入社するなんてこともありえます。

1人のキャリアアドバイザーだけの意見を聞くのではなく、複数のキャリアアドバイザーに相談しながら進めるようにしましょう。

キャリアアドバイザーと良好な関係を構築する

転職の成功には、キャリアアドバイザーと良好な関係を築いて、あなたのことを前向きにサポートしてくれるようにすることが大切です。

③ 転職に前向きだと伝える

キャリアアドバイザーは、転職してくれる可能性が高い人を優先してしまいます。転職エージェントがビジネスである以上、転職してくれない人は優先順位を下げざるを得ないんです。

キャリアアドバイザーからしっかりとサポートしてもらうためには、あなたが転職に前向きだということを伝えておきましょう

具体的に、いつまでに転職したいかを伝えることが重要です。できれば、3ヶ月以内、長くても6ヶ月以内に転職したいと言えるといいです。
転職活動を開始して、企業に応募してから、転職(入社)するまでの平均期間は約3ヶ月です。例えば、1年以内にとなると、企業に応募するタイミングは半年以上も先になるので、キャリアアドバイザーとしては、優先順位が下がってしまいます。

④ ネガティブなことはあまり言わない

今の職場や仕事への不平不満が溜まっていて、ネガティブな発言ばかり言う人がいますが、あまりおすすめしません。

転職してもすぐに辞めてしまうのではないか、転職活動も途中で投げ出してしまうのではないかと、キャリアアドバイザーが心配になってしまいます。

不満があるのは、当然ではありますが、ネガティブな発言ばかりをするのではなく、前向きに転職活動に取り組んでいることを伝えましょう。

⑤ 履歴書や職務経歴書を早めに作成する

キャリアアドバイザーは、10名~100名の転職者を担当しています。どうしても優先順位をつけて対応せざるを得ないです。履歴書・職務経歴書の作成や、応募に必要な準備をきっちりと対応してくれる方は、転職に対して前向きだとわかるので、より優先して対応してくれやすくなります

キャリアアドバイザーからのサポートをしっかりと受けて、転職を成功させるためにも、履歴書・職務経歴書の作成や準備は早めに対応するようにしましょう。

⑥ 嘘はつかない

キャリアアドバイザーとの面談では嘘は禁物です。あなたの経験や希望をすべて伝えるようにしましょう。

嘘や隠し事が、選考の途中でわかると、選考の通過率がかなり低くなります。内定してから嘘や隠し事がわかると、最悪の場合、内定取り消しといった事態にもなりかねません。

キャリアアドバイザーとの信頼関係もなくなって、しっかりとしたサポートを受けられなくなるかもしれません。

キャリアアドバイザーには、嘘や隠し事はせずに話すようにしましょう。

まとめ

転職活動を進める上では、転職エージェントは欠かせない存在です。

転職を成功させて、希望に合った仕事に就くためにも、転職エージェント選びは大切です。

あなたに合った転職エージェントに巡り合うためにも、最低2つ以上の転職エージェントに登録するようにしましょう。

JACリクルートメントリクルートエージェント の2社に登録し、希望しているコンサルファームの特徴に応じて、ムービン・ストラテジック・キャリアアクシスコンサルティングのどちらか(もしくは両方)に登録することがおすすめです。

登録してキャリアアドバイザーと面談した上で、どの転職エージェントを使うかを決めることがおすすめです。

あなたの転職の成功に少しでもお役に立てれれば幸いです。

 

条件別おすすめ転職エージェント

地域別
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

年齢別
20代 30代 40代

職種別
経理 財務 人事 総務 法務 内部監査 経営企画  広報・IR M&A
会計士 税理士 USCPA
営業 IT・エンジニア  事務
薬剤師  登録販売者  看護師

業種別
飲食 コンサルティングファーム

その他
女性 Uターン・Iターン  エグゼクティブ・ハイクラス

転職エージェントカテゴリの最新記事