転職エージェントとは?|転職を成功させるために転職エージェントを使う意味と使い方・注意点

転職エージェントとは?|転職を成功させるために転職エージェントを使う意味と使い方・注意点

転職を考えている人にとって、転職エージェントは欠かせない存在です。

ただ、転職エージェントは、初めて転職する人にとって馴染みのない存在だと思います。

今回は、転職エージェントとは何かを説明して、転職を成功させるために、なぜ転職エージェントが必要かを説明します。転職エージェントの上手な使い方や注意点についても解説します。

転職エージェントとは?

転職エージェントは、企業と転職者を間に入って、マッチングをする役割があります。

転職者に魅力的な企業や仕事を紹介し、企業には優秀な転職者を紹介しています。転職エージェントは、転職者に対しては転職支援、企業に対しては採用支援のサービスを提供しています。

初めて 転職をする方は、転職エージェントと転職サイトの違いがわかりにくいと思います。

転職サイトは、企業が掲載している求人を転職者が見て、自分に合った求人を探すためのサイトです。転職サイトの場合、全て自力で自分に合った求人を探す必要があります。

転職エージェントは、あなたに合った求人を代わりに探して、紹介してくれます。転職エージェントに、経歴や希望を伝えれば、転職エージェントが求人を探してくれます。また、転職の不安や悩みの相談ができたり、履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策などのサポートを受けることができます。

転職エージェントを使う意味・メリット

転職サイトだけを使って、転職をする方もいます。ただ、転職をするなら、転職エージェントを使ったほうが応募できる企業や求人の幅も広がりますし、転職を成功させる確率がグッとあがります。

転職エージェントを使うメリットは何なのでしょうか。

あなたに合った求人を探してくれる

転職サイトは、自力で自分に合った企業や求人を探す必要があります。一方で、転職エージェントは、経歴や希望を伝えれば、あなたに合った求人を紹介してくれるので、求人を探す手間をかけずに、あなたに合った求人を見つけることができます

転職エージェントに登録すると、まず担当するキャリアアドバイザーと面談することになります。面談で、あなたの経験、能力や希望をヒアリングすること。このヒアリングを通して、あなたに合った仕事、求人を紹介してくれます。

自分だけでは見つけられないような企業や求人も紹介してくれるので、応募する企業や求人の選択肢が広くなって、転職の成功へ近づくことができます

転職サイトに掲載されていない非公開求人を紹介してくれる

多くの企業は、企業の採用ページや転職サイトに掲載していない求人があることがあります。この求人のことを非公開求人と言います。

採用ページや転職サイトに掲載すると、従業員にも募集していることがわかってしまいます。

非公開求人の例としては、役員や部長といった重要なポジションの募集であったり、退職する予定の方のポジションの募集や、社内でも秘密にしているプロジェクトの募集だったりします。

企業にとって、従業員にも知られたくない求人については、非公開求人として、転職サイトには掲載せずに、転職エージェント経由でコッソリと募集しています。

実は、非公開求人の割合はかなり高く、募集している求人の半分以上は非公開求人になっています。

転職の悩みや不安の相談・アドバイスをしてくれる

転職エージェントは、単に求人を紹介してくれるだけの役割ではありません。

転職エージェントに登録すると、まず担当するキャリアアドバイザーと面談することになります。この面談で、転職の悩みや不安を相談することができます

初めて転職する人は、転職をどう進めたらいいかわからず、不安を抱えていると思います。

転職エージェントは、転職者の悩みや不安を聞いて、相談に乗ってくれますし、転職活動をどう進めたらいいかも、教えてくれます。

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策をしてくれる

転職を成功させるためには、書類選考と面接を突破する必要があります。

転職エージェントは、多くの転職者のサポートをしてきており、企業がどういったポイントを選考で見ているのかを知り尽くしています

選考の通過率をあげるために、履歴書と職務経歴書をどう改善させたらいいかのアドバイスや添削をしてくれたり、面接対策として模擬面接をしてくれたりします

内定が決まった後に、年収交渉をしてくれる

選考を通過して、内定をもらったものの、思った年収のオファーをもらえないというケースがあります。

提示された年収が希望よりも少なかった場合、転職エージェントに伝えれば、転職エージェントが交渉してくれます。

年収を交渉したいところですが、自分で交渉するのはなかなか難しいので、第三者の転職エージェントをうまく活用して、年収交渉ができるのは、転職エージェントを利用するメリットの一つです。

転職エージェントのタイプ・分類と転職エージェントの選び方

転職エージェントにも色々な特徴があるので、転職エージェントに登録するときは、どういった特徴があるか理解した上で登録しましょう。

転職エージェントの特徴は、以下の表の5項目で見るとわかりやすいです。

求人数 求人数の多さ。少ないと選択肢が狭まる。
タイプ 総合型と特化型か。特化型は、業界や職種に特化しているエージェントや、地域に特化したエージェントなどがある。
サポート 履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策などへのサポートの手厚さ。
コンサルティング 業界の動向や企業の状況などについての知見・知識の深さ
年収交渉 内定獲得後の年収交渉力、年収アップの実績

転職エージェントの特徴を理解して、あなたに合った転職エージェントを見つけましょう

尚、1社の転職エージェントがこの5項目すべてに強いということはまずありえません。転職を成功させるためには、複数のエージェントに登録して、進めることがおすすめです。

 

 

転職エージェントの使い方と7つの注意点

複数の転職エージェントを使う

① 自分に合った転職エージェント、キャリアアドバイザーを見つける

転職エージェントには特徴があり、強みも違います。複数のエージェントに登録して、それぞれの転職エージェントの強みを最大限活用して、転職活動を進めることが転職成功への近道です。

また、転職エージェントに登録すると、あなたの担当のキャリアアドバイザー(あなたの転職をサポートしてくれる担当者)がつきます。キャリアアドバイザーも人です。あなたに合わないキャリアアドバイザーの可能性もあります。複数の転職エージェントに登録して、あなたに合うキャリアドバイザーと一緒に転職活動を進めるようにしましょう。

転職に成功した人は、平均で4社の転職エージェントに登録しています。転職を成功させるためには、最低3社、できれば4、5社の転職エージェントに登録しましょう。

② 色々な転職エージェントの意見を聞く

転職エージェントもビジネスだということをまず理解する必要があります。転職エージェントは、転職者が転職してくれることで、企業から報酬を受け取ることで収入を得ています。

ほとんどのキャリアアドバイザーは、あなたの希望に合致した仕事を紹介して、希望を尊重してサポートしてくれます。ただ、担当するキャリアアドバイザーによっては、あなたの意見や希望をあまり聞かずに、企業への応募や入社を強く勧めてくるケースもあります。

仮に、1社しか転職エージェントを利用していないと、キャリアアドバイザーからの強い勧めで、転職活動を進めたものの、希望とは違う企業に入社するなんてこともありえます。

1人のキャリアアドバイザーだけの意見を聞くのではなく、複数のキャリアアドバイザーに相談しながら進めるようにしましょう。

キャリアアドバイザーと良好な関係を構築する

転職の成功には、キャリアアドバイザーと良好な関係を築いて、あなたのことを前向きにサポートしてくれるようにすることが大切です。

③ 転職に前向きだと伝える

キャリアアドバイザーは、転職してくれる可能性が高い人を優先してしまいます。転職エージェントがビジネスである以上、転職してくれない人は優先順位を下げざるを得ないんです。

キャリアアドバイザーからしっかりとサポートしてもらうためには、あなたが転職に前向きだということを伝えておきましょう

具体的に、いつまでに転職したいかを伝えることが重要です。できれば、3ヶ月以内、長くても6ヶ月以内に転職したいと言えるといいです。
転職活動を開始して、企業に応募してから、転職(入社)するまでの平均期間は約3ヶ月です。例えば、1年以内にとなると、企業に応募するタイミングは半年以上も先になるので、キャリアアドバイザーとしては、優先順位が下がってしまいます。

④ ネガティブなことはあまり言わない

今の職場や仕事への不平不満が溜まっていて、ネガティブな発言ばかり言う人がいますが、あまりおすすめしません。

転職してもすぐに辞めてしまうのではないか、転職活動も途中で投げ出してしまうのではないかと、キャリアアドバイザーが心配になってしまいます。

不満があるのは、当然ではありますが、ネガティブな発言ばかりをするのではなく、前向きに転職活動に取り組んでいることを伝えましょう。

⑤ 履歴書や職務経歴書を早めに作成する

キャリアアドバイザーは、10名~100名の転職者を担当しています。どうしても優先順位をつけて対応せざるを得ないです。履歴書・職務経歴書の作成や、応募に必要な準備をきっちりと対応してくれる方は、転職に対して前向きだとわかるので、より優先して対応してくれやすくなります

キャリアアドバイザーからのサポートをしっかりと受けて、転職を成功させるためにも、履歴書・職務経歴書の作成や準備は早めに対応するようにしましょう。

⑥ 嘘はつかない

キャリアアドバイザーとの面談では嘘は禁物です。あなたの経験や希望をすべて伝えるようにしましょう。

嘘や隠し事が、選考の途中でわかると、選考の通過率がかなり低くなります。内定してから嘘や隠し事がわかると、最悪の場合、内定取り消しといった事態にもなりかねません。

キャリアアドバイザーとの信頼関係もなくなって、しっかりとしたサポートを受けられなくなるかもしれません。

キャリアアドバイザーには、嘘や隠し事はせずに話すようにしましょう。

まとめ

今回は、転職エージェントについて、タイプ・分類、使う意味・メリットや使い方・注意点について説明しました。

転職を考えている人にとって、転職エージェントは欠かせない存在です。

あなたに合った転職エージェントを見つけて、転職エージェントを有効に活用して、転職の成功につながれば幸いです。

 

条件別おすすめ転職エージェント

年齢別
20代 30代 40代

職種別
経理 財務 人事 総務 法務 内部監査 経営企画  広報・IR M&A
会計士 税理士 USCPA
営業 IT・エンジニア  事務
薬剤師  登録販売者  看護師

業種別
飲食 コンサルティングファーム

その他
女性 Uターン・Iターン  エグゼクティブ・ハイクラス

転職ノウハウカテゴリの最新記事